契約締結時の立ち会い

契約締結時の立ち会い

契約締結時に立ち会って欲しいというお問い合わせいただくことが多いです。

契約締結時の立ち会いについては、申し訳ありませんが原則として行っていません。

契約内容を説明する程度であれば行政書士の資格で行うことは可能かと思います。

ただどうしても契約締結に問題がある場合は、説明に加えて説得するということになりがちになってしまいます。

そうなると交渉業務となり弁護士の専権となってしまいます。

そのような事情がなく単純に契約締結を見届けて欲しいなどという特殊な場合を除いて、原則として契約締結時の立ち会いは行っていません。

契約締結時の注意

契約締結時は署名押印(記名押印)をすればよく、それまでに内容については詰めあっておくのが理想です。

ただ、そうならない場合も多いようです。

契約締結時に至ってまで内容について言い争うことも多いかと。

内容について争いになった場合は、その場で合意になった場合は修正印を押して修正してしまい契約を締結してしまうことがおすすめです。

いちいち清書しなおしているとその間に気持ちが変わって…ということもおうおうにしてあるためです。

せめて合意している事項については書き表してしまい当事者で確認してしまいましょう。

契約書作成に関連する投稿記事

契約書に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

行政書士 さん
数が多くなってきていますが、まずお読みいただくものとしては「契約書を作成する前に意識しておきたいことのまとめ」がオススメです。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では通常の契約書は15,000円(税別)で作成しています。

契約書作成業務

業務委託契約書・業務提携契約書・委任契約書についても同様15,000円(税別)です。

業務委託契約書作成

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。