フランチャイズ契約書、法定開示書面の説明時期

7日おいておきましょう

businessman_sleep日本フランチャイズ協会の「フランチャイジー希望者への情報開示と説明等に関する自主基準」では、「フランチャイズ契約の締結にあたっ ては、フランチヤイジー希望者が十分な考慮期間を確保できるようにするため、契約書に基づいた説明が終わってから契約書の締結までに、7日間以上の 熟考期間をおくものとする。 」と定められています。

また、公正取引委員会に よる平成13年10月「コンビニエンス・ストアにおける本部と加盟店との取引 に関する調査報告書」でも、契約の要点と概説(法定開示書面)の説明とフランチャイズ契約の締結との間には7日間の熟考期間が置かれていると報告され ています。

その意味で、強制ではありませんが、フランチャイズ契約締結の1週間前までに契約内容の説明を終了し、法定開示書面を示しておくことが望ましいでしょう。

フランチャイズ契約書作成に関連する投稿記事

フランチャイズ契約書に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では通常の契約書は15,000円(税別)で作成しています。

契約書作成業務

フランチャイズ契約書についても同様15,000円(税別)です。

こちらのページも参考にしてください。

フランチャイズ契約書作成

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。