不倫の慰謝料請求はいつまでできる?

不倫の事実と不倫相手を知ってから3年以内

blackwoman3_question

不倫の慰謝料請求は不法行為に基づくと考えるので、民法724条の問題になります。

第724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

このことから、不倫をしていたことと不倫相手の双方が分かった時から3年間は請求が可能です。

別れて関係が解消済みになったら請求できないというわけではありません。

「知った時」からなので、正確には不倫解消時から3年間を経過していても、その不倫をしていたことや不倫相手を知ったのが解消より後ならば、慰謝料を請求することができることになります。

ただし、不倫時期から20年経っていないことが必要です。

不倫問題に関する関連投稿

行政書士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

不倫問題で相手に対して慰謝料を請求する場合の内容証明作成を17,500円(税込)で行っています。

慰謝料請求(不倫・婚約破棄・その他不法行為)に関する内容証明作成
不倫、婚約破棄等の不法行為に関する慰謝料問題についての基礎知識と、解決のための内容証明の記載内容をまとめました。当事務所では全国対応で17,500円(税込)で内容証明の作成発送を代行しています。

慰謝料問題について話し合いがまとまった段階で作成する誓約書又は示談書についてはこちらです。

示談書作成
示談書を作成する上での基礎知識と設定すべき条文項目をまとめました。15,000円(税別)で作成代行しています。全国対応しています。
誓約書作成
誓約書を作成する上での基礎知識と設定すべき条文項目をまとめました。15,000円(税別)で作成代行しています。全国対応しています。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。