養育費不払い・不認知・慰謝料不払い・面接交渉無しの契約は有効?

ある日の相談事例

A さん
彼女が妊娠したんですが別れたいと。
行政書士 さん
慰謝料や養育費を請求されているのですか?
A さん
そうではなくて…。

兎に角別れたいの一点張りで。子供は産むが迷惑はかけないから放っておいてくれと。

行政書士 さん
珍しいですね。通常は認知するなり養育費か慰謝料は払えと言ってくるのですが…
A さん
それで売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまって、別れたいなら別れるが、それなら養育費は支払わないし、認知もしない、慰謝料も支払わないぞ、と言ったんです。
行政書士 さん
それで?
A さん
もちろんそれでかまわない。ただひとつもう今後一切私と子供には関わらないとだけ約束してくれということなんです…。
行政書士 さん
なるほどねぇ…。
A さん
ところで彼女の希望と僕の言い分をまとめた書類を作成したとしてそれは有効なんですか?

法的効力と事実的拘束力

養育費不払い

父親側の言い分である養育費の不払いですが、これは契約書に記載しても法的には無効になります。

養育費は子供のために支払うものであって、母親が放棄できるものではありません。

父母間で養育費を支払わないという合意は効力を持たず、子供のために必要であれば養育費を請求できます。

認知の放棄

これについても父母間で認知を行わないことを合意したとしても、実際に出産後に認知を求めれば認められます。

これもやはり子供のことを考慮するからです。

母親は出生によって決まりますが、父親は決まらない。

だからといって両親の合意だけで子供から父親は奪えないという考えからです。

慰謝料不払い

これについては有効です。

まだ実際に結婚していないことから、婚約していれば婚約破棄の慰謝料ということになるのでしょうが、これについては母親側または父親側の慰謝料なので、これを処分する権限が父親または母親にあるためです。

なお、両親の離婚や別れについて、子供には慰謝料は認められていません。

両親が離婚または別れたとしても子供が生育するには支障がないと法律は考えているためです。

面接交渉権の放棄

面接交渉については優先順位の一位は子供の気持ちとされています。

しかし、親権者の判断が大きく左右することも事実です。

面接交渉をしないという父母の合意は、子供が真に親に会いたいと願えば覆すことができます。

その意味では合意の効力はない、無効であると言えます。

しかし、事実上同居の親の影響をうけるため、事実上は合意の効力が保たれるといいうる場面が多いかもしれません。

契約締結の意味

以上のように、総合してみると法律的には意味が無い規定が多いとは言えます。

しかし、事実上の効力を見る限りでは、何がしかの影響力を持つことは否定できません。

法律に反する内容の契約を締結したからといって、民事的に無効ではありますが、だからといって刑事的に刑罰の対象になるという事情もありません。

そういう意味では契約を締結する意味があるとも言えます。

準婚姻、離婚問題に関する関連投稿

行政書士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

契約書作成業務(全国対応)
業務委託契約書、その他各種の契約書を15,000円〜(税別)で作成しています。お見積りは無料です。全国対応しています。

少し場面は異なりますが、次のような契約書についても類似性がありますので参考になるかと思います。

準婚姻契約書(婚前契約書)作成
同棲、事実婚、同性婚の場合などに作成する準婚姻契約書(婚前契約書)の基礎知識と設定すべき項目。15,000円(税別)で作成代行しています。全国対応しています。
離婚協議書作成
離婚協議書を作成する上での基礎知識と設定すべき条文項目をまとめました。当事務所でも15,000円(税別)で離婚協議書の作成を代行しています。全国対応です。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。