業務委託契約書と業務提携契約書の違いは?

法的には同じ委任

woman_question大辞林をひくと、

委託は、

① 自分の代わりを人や機関に頼みゆだねること。「業務を―する」

② 〘法〙 法律行為または事実行為(事務)などを他人または他の機関に依頼すること。

③ 取引で,客が商品仲買人または証券業者に売買を依頼すること。〔同音語の「依託」は物事を他人にたのみまかせることであるが,それに対して「委託」は法律分野でよく用いる語で,事務取引業務などを他人や外部にまかせることをいう〕

とあり、

提携は

① 互いに助け合って協同で事業などをすること。「外国の会社と―する」「技術―」

② 手にさげて持って行くこと。「汝の旋条銃を―することを忘るること勿(なか)れ」〈月世界旅行勤〉

とあります。

語感としては委託の方が一方的、提携の方が共同して行うといえましょうか。

(当事務所では大体このような視点で使い方を分けています。)

言葉上はこのような違いがありますが、法律上(民法上)は委任として解釈されます。

委任であればどちらを利用されてもいいと思います。

もちろんどちらも使わず、委任契約書というような題名でもかまいません。

業務委託に関する関連投稿

行政書士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では通常の契約書は15,000円(税別)で作成しています。

契約書作成業務

業務委託契約書・業務提携契約書・委任契約書についても同様15,000円(税別)です。

業務委託契約書作成

オーダーメイドで作り込みたいということであればご利用ください。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。