韓国の証明書を取得するための委任状

韓国証明書の委任状

icon_1r_128滋賀、京都で帰化申請のサポート業務を行っていますが、今回は添付資料の話です。

韓国国籍の方の帰化申請の場合に国籍・身分関係を証する書面を取り寄せます。

大阪総領事館に対して郵送請求をします。

大体2週間くらいかかるでしょうか。

その際に委任状を添付します。

委任状の雛形は総領事館のサイトから手に入れることが出来ます。

99%ハングルなので読めない…。

一部漢字なので推測するよりほかない。

なんとなくで記載して申請していて発行してもらっていたのですが、度重なってくると不手際を注意されます。

注意されたのは本文中の申請人と権限を記載していなかったこと、住民登録番号、電話番号を記載していなかったことでした。

慌てて韓国語の分かる方に聞いたところ、そもそも行政書士会の方が日本語の委任状を出してるからそれを使えばいいということと、確かに申請人、委任権限を漏らしているのは問題だけど住民登録番号はないから空白でいいのでは?ということでした。

空白だったということは包括委任状として提出してしまったわけですが、それでも対応してもらえたというのは運がよかったのかなという気がします。

それ以来きちんと委任状を提出していますが…

帰化に関する関連投稿

行政書士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所で行っている帰化申請業務の案内ページはこちらです。

帰化申請業務(滋賀・京都)
滋賀、京都での帰化申請の書類収集、事前打合せの代行を行っています。サポート費用は11万円(税込み)です。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。