賃金未払いに対する対処法

請求する

man_question会社に対して

  • 賃金の支払いを求める
  • 謝罪
  • 慰謝料

などを求めることが考えられます。

慰謝料は認められる?

法律的には認められませんが、請求して会社が支払うのであればもらっておいても問題ありません。

内容証明作成発送から少額訴訟へ

賃金未払いに関する要求をする場合に、一般的にはゆるやかな対処から徐々に厳しく対処することが多いです。

順序としては

  1. 口頭又は文書で主張
  2. 裁判所で主張

となるでしょうか。

1でも口頭よりは書面が厳しいですし、書面でも通常の手紙のようなものより内容証明で送れば心情的により厳しい物になります。

ご自身で作成して頂いても問題ありませんが、専門家に依頼して書いてもらうと法律的な内容が多分に盛り込まれるので厳しさが増します。

当事務所ではそのような書面の作成をサポートしています。

口頭書面で埒が明かないようでしたら裁判ということになります。

裁判というと大抵の方は弁護士に…と思われるようですが、個人でも行うことが可能です。

裁判手続きは労働審判となります。

労働審判とは、労働審判官(裁判官)1人と労働関係に関する専門的な知識と経験を有する労働審判員2人で組織された労働審判委員会が,個別労働紛争を,原則として3回以内の期日で審理し,適宜調停を試み,調停による解決に至らない場合には,事案の実情に即した柔軟な解決を図るための労働審判を行うという紛争解決手続です。

労働審判に対して当事者から異議の申立てがあれば,労働審判はその効力を失い,労働審判事件は訴訟に移行します。

参考

裁判所|労働審判手続

雇用に関連する投稿記事

雇用に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所ではどのような内容証明も一律17,500円(税込)で作成しています。

内容証明作成業務

未払い賃金請求関する内容証明作成についても一律17,500円(税込)で作成しています。

未払い賃金、不当解雇など雇用に関する内容証明作成

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。