内容証明の文書作成前に理解しておきたいことと構成について

一般論

裁判の話

DSCF3798内容証明に記載する文書内容が法律的要求の場合は、参考にするのは訴訟になった場合の訴状の書き方です。

訴訟においては請求の趣旨から請求の原因を書くというように規定されています。

ごくごく簡単に言うと、

○○円支払え。

貴殿が私を暴行して傷害を負わせたから。

というような流れです。

これは、わかり易さということに重点を置いています。

その意味で、請求の原因(簡単に事実と捉えておいてください。)は端的に書くという大原則もあります。

メリット・デメリット

内容証明も訴状のように書いたらどうでしょうか。

もちろん問題はありません。

ただ、慣れている人には分かりやすいのですが、慣れていない人には分かりにくいという点がデメリットとも言えます。

訴状などに慣れていない人にとっては、時系列順であったり、原因→結果の順に記載されている方が頭に入りやすいためです。

その意味では、内容証明はあくまで訴訟外の文章なので、請求の趣旨と原因の順序を変えてもいいのかもしれません。

貴殿が私を暴行して傷害を負わせたからのだから、○○円支払え。

という流れです。

考慮しておくべきこと(相手は読みたいとは思っていない)

内容証明は基本的に相手に法的権利、利益を主張します。

相手は味方というよりは敵対していることの方が多いでしょう。

そのため、相手が記載された文言を一言一句もらさずに意味を汲み取ってくれる保証はありませんし、あまり期待しないほうがいいでしょう。

相手が専門家でなければなおさらです。

そのため、端的に意図を伝えるということが最重要課題になると考えていただくといいかと思います。

長くても分かりにくくても相手は読んでもらえません。

具体的実践(当事務所で作成する内容証明の構成)

以上の一般論を踏まえて、当事務所で作成する内容証明の構成を解説します。

中心的事実

当事務所では訴状の構成は取らずに、基本的には事実を先に書きます。

ここで気をつけていることは要件事実に出来るだけ従うということです。

簡単に言うと、法律に記載されている内容に従って事実を書くというような感じに思って頂いていいと思います。

民法709,710条を参考にしつつ、「貴女は、夫に妻がいて婚姻関係が破綻していないと知っていながら、不貞行為を行い夫婦生活の平穏を侵害した。これにより精神的損害を被った。」

などという感じです。

これに5W1Hで特定するために必要な内容を最小限度加えます。

証拠

事実を特定した後に記載するのは証拠です。

訴状では最後に書くことが多いですが、大抵の反論が事実を否定してくることなので、証拠があるということを書きます。

相手が争ってきそうもないことが明らかであれば証拠を記載しない場合もあります。

法律の根拠

事実を特定して証拠を明示したあとは法律の説明に入ります。

訴状では、判断する人は裁判官という法の専門家なのでいちいち事細かには説明しませんが、内容証明は訴訟外なので相手は殆どの場合専門家ではありません。

そのため、できるだけ簡潔に分かりやすく法律を説明します。

要求

順を追って必要最小限の部分を説明した後で要求を提示します。

慰謝料請求や謝罪、誓約など求めることは様々です。

多岐に渡る場合は番号をふるなどして、ここでも伝わりやすさに注意します。

感情論(妥協案)

以上の点で法的には十分と言えるかとは思いますが、さすがにこれだけだと溜飲が下がらない人が多いです。

そのような方々の思いをできるだけ最後に反映します。

作成までにメールしていただいた内容をできるだけ盛り込みつつ、かつ端的になるように心がけます。

ここが腕の見せどころなのですが、正直なところ文学的な文章の作成に長けている訳ではありません。

ましてや、ご依頼いただく方の方がさまざまな感情をお持ちです。

あくまで、読みやすさという点と、第三者であるという点を活かしてよりよい文章の作成につとめています。

この部分については、依頼者と相談して修正を加える事が多いです。

内容証明に関連する投稿記事

内容証明に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所ではどのような内容証明も一律17,500円(税込)で作成しています。

内容証明作成業務(全国対応)
慰謝料請求、時効の援用、その他各種の内容証明を作成して発送するまでの代行業務を、一律17,500円(税込)で行っています。全国対応しています。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。