委託者側にブランド力がない場合もOEM契約ですか?

ODM契約の可能性が高い

businessman_sleep

OEMとは、Original Equipment Manufacturingまたは Original Equipment Manufacturerの略語で、委託者のブランドで製品を生産すること、または生産するメーカのこととされます。

ODMとは、Original Design Manufacturingの略語で、委託者のブランドで製品を設計・生産することとされます。

この点を捉えれば、受託者側に力があるという意味ではODM契約に近いかもしれません。

ただ、OEM,ODMの区別は法律に根拠があるものでもありませんし、区別する実益はあまりありません。

明確に分類できない場合は区別に拘るよりは実質を捉えてお互いの協力関係を具体的に記載して業務委託契約書というようにしてしまうのも1つの方法かと思います。

OEM(ODM)契約書作成に関連する投稿記事

OEM(ODM)契約書に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では通常の契約書は15,000円(税別)で作成しています。

契約書作成業務

OEM(ODM)契約書についてはこちらも参考にしてください。

OEM(ODM)契約書作成

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。