ハウスクリーニングと畳替えの特約と敷金

ある日の相談

A さん
1年ほど住んでたマンションを引っ越したんですけど、敷金からハウスクリーニング代と畳替えの料金が引かれてて…
行政書士 さん
契約書はどうなってます?
A さん
契約書にはハウスクリーニング代と畳替えの料金は賃借人持ちだと…
行政書士 さん
なるほど。
A さん
ハウスクリーニング代と畳替えの料金を持つのはいいんですけど、大家さんの言うがままに値段を決められるってのがちょっと…
行政書士 さん
まあそう急がずに。ハウスクリーニング代と畳替えの料金負担も不当かもしれませんし。
A さん
え?そうなんですか?
行政書士 さん
とりあえずは契約書を送ってもらえます?

ハウスクリーニング代、畳替え料金の賃借人負担の特約は有効か

敷金に関しては国土交通省が出しているガイドラインを参考に考えるのですが、特約は事前に定めておけばすべて有効になるわけではなく、

ガイドラインは特約が有効となるための条件として

  1. 特約の必要性があり、かつ、暴利的でないなどの客観的、合理的理由が存在すること
  2. 賃借人が特約によって通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負うことについて認識していること
  3. 賃借人が特約による義務負担の意思表示をしていること

を挙げています。

1については、例えば家賃を周辺相場に比較して明らかに安価に設定されているかが1つの判断指標になります。

2,3については契約書にその旨が明記されているかを検討されるといいかと思います。

最近ではガイドラインに対応した(とはいっても2,3の対応)契約書で賃貸借契約を締結している例も多く見られてきました。

特約があるからといって諦めてしまうのではなく、特約が有効なのかという点についてまで検討されるといいかと思います。

行政書士 さん
ガイドライン、その他敷金についてくわしくはこちらの投稿記事も参考にして下さい。

敷金返還に関する基礎知識
敷金返還に関する基礎知識をまとめました。単純に全額返還というわけではないですがガイドラインに従うと通常の使用法なら全額返還に近くなります。当事務所では一律17,500円(税込)で内容証明を作成しています。

原状回復費はどのように決まるのか

めずらしいケースにはなるかと思いますが、特約が有効の場合はハウスクリーニング代、畳替えの料金全額が原状回復費になるかとは思います。

その値段については大家さん側の指定した業者によるであるとか、実費とか、規定されている場合はその規定が特約として有効であればその規定通りになります。

規定がなければ話し合いで決めることになります。

特約が有効でない場合は、通常の原状回復費を判断することになります。

通常の原状回復費は、経年変化及び通常使用による損耗等の修繕部分については賃貸人に負担として考えるという点が重要です。

長く居住して通常使用の範囲内であれば賃借人が負担する部分は少なくなっていきます。

賃貸借契約に関連する投稿記事

賃貸借契約書に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では敷金返還の内容証明を成功報酬無しで17,500円(税別)で作成しています。

敷金返還に関する内容証明作成
敷金返還を求める内容証明作成発行の業務案内です(17,500円税込)。特約が有効にならず返還額が増加する場合が多いです。全国対応しています。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。