誓約書・示談書・契約書は弁護士・行政書士が作らないと意味がない?

間違い

businessman_sleepそのようなことはありません。

もちろん本人は作成可能です。

行政書士・弁護士は他人の権利義務に関する書類を作成して報酬を得ていいと規定されているだけです。

あまり重要性がないものや、急いでいる場合はご自身で作成してしまうことをおすすめします。

自分で作成していいなら専門家に依頼するメリットは?

慣れ

専門家は誓約書や示談書などの契約書を作成しなれています。

法律用語の使用にも慣れています。

少し固めの文章を作成するのもお得意のものです。

そのため、きちんとした内容のものが作成されるというメリットがあります。

他の事例との比較

慣れと同義かもしれませんが、専門家には経験値があります。

同じことを経験したというよりは、同じような経験をした人と関わったという少しうすい経験ですが。

そのため、他の事例との比較で文章を作成したり、項目を加減することができます。

この点はご自身で作成するよりはメリットと言えます。

1人より2人で作成できる

3人よればいいのかもしれませんが、それでも単独で作成するよりは客観的な目線を持つことができることになります。

その点はメリットと言えるでしょう。

専門家に依頼するデメリットは?

お金

ご自身で作成すれば費用は紙代程度、専門家に依頼すれば安くない費用がかかる。

この点はデメリットです。

誓約書や示談書などの契約書を作成する時間と手間暇、その間の心理状況などを金銭に換算すればデメリットではないと専門家側は反論することができるかもしれませんが少し弱いかと思います。

過度には期待できない

あくまで専門家は他人だし、専門なのは法律についてであって表現についてではありません。

そのため、あまり文学的な表現を求めてもそれに応じられる専門家がいるかどうかはそれぞれの場合によると言えます。

依頼しても完璧は求めることができない。このことはデメリットと言えます。

このあたりは専門家のサイト内容などから推論するしかないのかもしれません。

契約書,誓約書,示談書に関する関連投稿

行政書士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では誓約書・示談書どちらも15,000円(税別)で作成しています。

その他の契約書も15,000円(税別)で作成しています。

契約書作成業務

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。