10人未満の場合は就業規則必要?

就業規則を定める意味

nurseman_question就業規則とは、労働者の就業上遵守すべき規律及び労働条件に関する具体的細目について労働基準法に基づいて定められた規則のことをいいます。

いわば会社内の法律と言えます。

これを定めることによって、労働条件、待遇の基準が明確になり、労働者と使用者との間のトラブルの解決基準や予測可能性が出ますので、トラブルを未然に防ぐことができるようになるという効果もあります。

小規模事業主であれば規定しなくていい?

労基法第89条により、常時10人以上の労働者を使用する事業場において、これを作成し、所轄労働基準監督署長に届け出なければならないとされています。

この条文のとおり、10人以上の労働者を使用する事業場であれば所轄労働基準監督署長に届出なければなりません。

では10人未満であれば作成しなくていいのでしょうか。

確かに法律的な義務はありません。

しかし、就業規則を定める意味のところでも記載した通り、10人未満であっても労使間のトラブルを防ぐということは非常に有用ですので規定することをおすすめします。

10人未満といえども社内の法律が明文化されていないというのもあまりオススメできません。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では就業規則を30,000円〜(税別)で作成しています。

就業規則作成業務

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。