公正証書作成代行業務

うみそら金銭消費貸借契約、離婚協議書、その他各種書類を公正証書にすることを代行する業務です。

法律に反しない限り、どのような内容でも作成しています。

料金・報酬等

icon_5p_12850,000円(税別)代理費用も含みます。

別途公証役場に支払う手数料がかかります。

手数料の目安は以下の通りです。

【法律行為に係る証書作成の手数料】

目的の価額 手数料
100万円以下 5000円
100万円を超え200万円以下 7000円
200万円を超え500万円以下 11000円
500万円を超え1000万円以下 17000円
1000万円を超え3000万円以下 23000円
3000万円を超え5000万円以下 29000円
5000万円を超え1億円以下 43000円
1億円を超え3億円以下 4万3000円に5000万円までごとに1万3000円を加算
3億円を超え10億円以下 9万5000円に5000万円までごとに1万1000円を加算
10億円を超える場合 24万9000円に5000万円までごとに8000円を加算

報酬は前払いですが、手数料は公正証書作成時までにお支払いいただきます。

具体的な手数料は公正証書作成について公証人との打ち合わせの後に確定します。

大体の予想は可能です。(なお、養育費などの定期給付については10年分の金額が対象になります。)

お気軽にお問い合わせ下さい。

公正証書にする必要がない場合は、

15,000円(税別)です。

公正証書作成でご依頼いただいた後に公正証書にしないことになったとしても差額は返金しません。

公正証書にするか迷われている場合は、まずは書類作成としてご依頼ください。

書類作成から公正証書作成に変更する場合は、差額の支払いのみで可能です。

利用事例

以下は当事務所で扱ったものの一例です。

これらに限らず、その他各種書類に対応できますのでお気軽にご相談ください。

行政書士 さん
様々な種類の書類を作成してきた経験があります。公正証書を作成するかはさておき、書類作成についてお悩みでしたら、まずは一度ご相談ください。

ご依頼から作成までの流れ

メール又は電話で作成する書類の内容をお知らせください

まずはメールか電話でその時点で決定している内容をお知らせください。

決まっている内容を簡単に箇条書きでお知らせいただく程度でかまいません。

完成までいつでも修正できます。

ただし、全く関係の無い内容に変更する場合は別料金の対象になる場合があります。

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはお問い合わせフォームまたはumisora76@gmail.comまでお願いします。

tabutton

ご案内通知

お問い合わせいただきましたら、営業時間内であればその日中に、営業時間外の場合は翌営業日にご案内のメールを送付します。

ご案内メール内にさらにお伝えいただきたい事情及び料金のお振込み先が記載されています。

携帯メールなどの場合に当事務所からのメールがブロックされる場合があります。

ブロックの解除をお願いします。

お振り込み

お申込みの際は指定口座に料金をお振り込みください。

手数料はお客様負担とさせていただきます。

お振込みを確認させていただきましたら、その日中に確認メールを送信させていただきます。

確認メールを送信後原案作成に入らせていただきます。

原案作成及び必要書類の提出

原案は原則としてwordファイルで作成します。

word以外でもpdf,pages,その他可能な限り対応します。

ただし、excelは現在対応できません。

公正証書作成時に必要な次の書類を収集して提出していただきます。(これにかかる費用はお客様のご負担になります。)相手方がいる場合は、相手方の分も必要になります。

  • 印鑑証明
  • 戸籍謄本

修正

原案を御覧頂いた後に修正作業に入ります。

修正作業は回数は無制限ですが、期限は最終の連絡日から3か月以内です。

例外

なお、修正として全く別の種類の書類作成を求められる例がありますが、それは修正ではなく変更ですので修正対応はできません。新たに料金が発生します。

別の書類作成になるかは、当事者、法的性質、盛り込まれる内容などで判断します。結局は、当事務所が2種類の書類作成をしなければならなくなるかにより判断します。

完成後(3ヶ月連続で連絡がない場合も含みます。)3ヶ月経過後は原則として修正対応できません。

一応の完成

修正作業が終了した段階で一応の完成となります。

原則として一応完成したファイルを自由にご使用いただいてかまいません。

印刷はご自身でしていただくことになります。

公正証書作成手続き開始

完成した書類を公証役場の公証人に確認してもらい修正を加えます。

これは行政書士が行い、途中経過や結果を報告します。

公正証書は京都又は大津の公証役場で行います。

京都又は大津で作成した公正証書であっても全国的に有効です。

公正証書に基づく強制執行を行う際に執行文の付与・送達等を公正証書を作成した公証役場でする必要がありますが、それについても当事務所でサポートします。(別料金)

公正証書作成

公証人との間での修正が完了したら公正証書の作成に入ります。

すべての準備が整い次第公正証書を作成してもらい、作成後にご依頼者へ送付します。

行政書士が代理人になり作成します。契約相手も代理人とすることが可能です。

この場合、別の行政書士が代理人になります。一人の代理人が双方を代理することはありません。(双方代理の禁止)

(補足)公正証書による強制執行

公正証書作成後に強制執行する場合次の流れになります。

1.公証役場での手続き

次の手続きを公正証書を作成した公証役場で行います。

  • 送達
  • 送達証明書の取得
  • 執行文の付与

この手続を代理で行うことも可能です。(当事務所がサポートします。報酬20,000円(税別))

2.裁判所での手続き

  • 執行文のついた公正証書正本
  • 配達証明書

以上をもって債務者の管轄裁判所で強制執行の申立を行います。

注意事項(よくある質問)

料金について

A さん
他の事務所より安いのですが…
行政書士 さん
全国対応で、メール、電話での対応のみとさせていただいているのでこの値段となります。
A さん
高すぎませんか?
行政書士 さん
申し訳ありません。雛形ではなくオーダーメイドですし、公証人との調整もありますのでこの料金とさせていただいています。
A さん
一律料金ですか?
行政書士 さん
はい。一律です。
A さん
複数頼めば割引はありますか?
行政書士 さん
申し訳ありません。割引はありません。
A さん
料金を後払いか、分割にしたいんですが…
行政書士さん
申し訳ありません。料金は先払いのみとさせていただいています。
A さん
成功報酬はかかりますか?
行政書士さん
発生しません。規定料金以外に請求することはありません。

依頼にあたって何を伝えればいいですか?

A さん
依頼するにあたって何を伝えればいいか分かりません。
行政書士 さん
どういったことをしたいのか、お金はどう動くのか、書類に盛り込みたいこと、心配なことなどを箇条書き程度で伝えていただければそれだけで原案の作成は可能です。通常必要な内容については盛り込みますし、原案作成後の修正の段階で漏れていた内容などの修正が可能です。

修正可能期間

A さん
一度作成してもらった書類ですが、いつまで修正可能ですか?
行政書士さん
公正証書を作成するための委任状及び印鑑証明を提出していただくまでは期限の定めなく修正を続けます。完成したか明らかでない状態で特に理由なく何の連絡もなくなった場合は、最後に連絡があった時から3ヶ月経過した時にご依頼は終了したものとみなします。その後の手続きの再開には別途費用が発生します。(通常5,000円(税別))
A さん
修正は1回きりですか?
行政書士 さん
修正回数の制限はありません。3ヶ月連絡がない状態になった場合を除いては追加費用、回数制限なく完成するまで修正します。

修正範囲

A さん
一度作成してもらった書類ですが、どの範囲で修正できますか?
行政書士さん
特に範囲は設けていません。ただ、まったく別の書類の作成に変更することはできません。
A さん
別の書類とは?
行政書士 さん
契約当事者、法的性質、盛り込まれる内容が全く違うもので、結局当事務所が2種類の書類作成をしなければならないといえる場合です。そのような修正を認めてしまうと延々と書類を作成しなければならなくなりますので。

作成できない書類は?

A さん
作成できない書類ってあります?
行政書士さん
原則どのような書類も作成できます。ただし、法律・判例に沿った形で書面を作成しますので、法律・判例に明らかに反する内容は記載できません。

キャンセルは?

A さん
依頼後にキャンセルはできますか?
行政書士さん
申し訳ありません。ご依頼後のキャンセルは、当事務所に帰責性が無い限り対応していません。

不十分な書類を作成した場合は?

A さん
作成してもらった契約書に不備があったらどうしてくれるんですか?

行政書士さん
書類の不備が直接の原因で損害を被られた場合は、報酬額の三倍の額を損害賠償額の予定として賠償させていただきます。

秘密は守ってくれる?

A さん
作成した書類内容の秘密は守ってくれますか?
行政書士さん
守秘義務は行政書士の法律上の義務であり当然に厳守しております。書類作成に際して得た営業秘密・個人情報は決して外部にもらしません。ご安心ください。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。

その他の行政書士業務詳細案内

当事務所では契約書作成以外についても次のような行政書士業務を行っています。

契約書利用規約作成業務(全国対応)

業務委託契約書、その他各種の契約書を15,000円〜(税別)で作成しています。お見積りは無料です。全国対応しています。

公正証書作成代行業務(全国対応)

この投稿の目次です1 公正証書作成代行業務2 料金・報酬等3 利用事例4 ご依頼から作成までの流れ4.1 メール又は電話で作成する書類の内容をお知らせください4.2 ご案内通知4.3 お振り込み4.4 原案作成及び必要書・・・

内容証明作成業務(全国対応)

慰謝料請求、時効の援用、その他各種の内容証明を作成して発送するまでの代行業務を、一律17,500円(税込)で行っています。全国対応しています。

議事録作成業務(全国対応)

ありとあらゆる議事録の作成をサポートしています。1種類1万円〜対応させていただきます。全国対応しています。

遺言書作成業務(全国対応)

遺言書作成についての基礎知識と遺言書原案作成の業務案内です。当事務所では20,000円でサポートしています。全国対応しています。

帰化申請業務

滋賀、京都での帰化申請の書類収集、事前打合せの代行を行っています。サポート費用は11万円(税込み)です。
請負

建設業許可関連サポート(滋賀・京都)

滋賀京都の建設業許可更新経営事項審査に関する業務の案内と基礎知識について。許可は10万円から。

交通事故後遺障害認定・賠償額評価業務

交通事故の後遺障害認定業務(滋賀、京都中心、成功報酬15%、着手金3万円)、賠償額評価業務(全国対応、15,000円)を行っています。