トライアル雇用奨励金

どのような場合に助成されるか

職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成されるものです。

そもそも「トライアル雇用」とは、職業経験の不⾜などから就職が困難な求職者を原則3カ⽉ 間の試⾏雇⽤することにより、その適性や能⼒を⾒極め、常⽤雇⽤への移⾏のきっ かけとすることを⽬的とした制度です。

労働者の適性を確認した上で常⽤雇⽤へ移⾏することができるため、ミスマッチ を防ぐことができます。

助成金の額

対象者1人当たり、⽉額最⼤4万円(最⻑3カ⽉間)
※対象者が⺟⼦家庭の⺟等⼜は⽗⼦家庭の⽗の場合、1⼈当たり⽉額5万円(最⻑3カ⽉間)

条件

重要な条件としては、以下のものになります。

(1)対象労働者がハローワーク、地方運輸局(船員となる場合)または職業紹介事業者(以下「ハローワーク・紹介事業者等」という。)の職業紹介の日(以下「紹介日」という。)において、次のイ~ニのいずれにも該当しない者であること。

イ 安定した職業に就いている者

ロ 自ら事業を営んでいる者又は役員に就いている者であって、1週間当たりの実働時間が 30 時間以上の者

ハ 学校に在籍している者( 在籍している学校を卒業する日の属する年度の1月1日を経過している者であって卒業後の就職内定がないものは除く。

ニ トライアル雇用期間中の者

(2)次のイ~ヘのいずれかに該当する者

イ 紹介日において就労の経験のない職業に就くことを希望する者

ロ 紹介日において学校を卒業した日の翌日から当該卒業した日の属する年度の翌年度以降3年以内である者であって、卒業後安定した職業に就いていないもの

ハ 紹介日前2年以内に、2回以上離職又は転職を繰り返している者

ニ 紹介日前において離職している期間が1年を超えている者

ホ 妊娠、出産又は育児を理由として離職した者であって、紹介日前において安定した職業に就いていない期間(離職前の期間は含めない。)が1年を超えているもの

ヘ 紹介日において就職支援に当たって特別の配慮を有する次のa~hまでのいずれかに該当する者(※1)

a 生活保護受給者

b 母子家庭の母等

c 父子家庭の父

d 日雇労働者

e 季節労働者

f 中国残留邦人等永住帰国者

g ホームレス

h 住居喪失不安定就労者

(3)ハローワーク・紹介事業者等に提出された求人に対して、ハローワーク・紹介事業者等の紹介により雇い入れること

(4) 原則3ヶ月のトライアル雇用をすること

(5) 1週間の所定労働時間が原則として通常の労働者と同程度(30時間(上記(2)d、gまたはhに該当する者の場合は20時間)を下回らないこと)であること

参考サイト


トライアル雇用奨励金 |厚生労働省トライアル雇用奨励金 |厚生労働省



www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/trial_270428.pdfwww.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/trial_270428.pdf

助成金に関する関連投稿

社労士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では助成金申請をサポートしています。

助成金申請業務(滋賀・京都)
滋賀、京都の各種助成金の申請業務です。着手金30,000円、成功報酬 取得した助成金の20%(6万円に満たない場合は6万円)−着手金で対応しています。

就業規則作成・変更業務(全国対応)
就業規則作成業務に関するご案内です。当事務所では30,000円(税別)〜で就業規則を作成しています。お見積りお問い合せは無料です。全国対応しています。

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。