労働時間・休憩・休日

原則

businessman_sleep1日に8時間、1週間に40時間が限度です。

労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩がいります。

少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日がいります。

1週間44時間が許される事業

零細規模の一部の事業に限っては、原則どおりの運用が困難ですので、1週間について44時間まで労働させることができます。

具体的には、常時10人未満の労働者を使用する

  1. 商業(物品の販売、配給、保管若しくは賃貸又は理容の事業)
  2. 映画の製作の事業を除く映画演劇業(映画の映写、演劇その他興行の事業)
  3. 保健衛生業(病者又は虚弱者の治療、看護その他保健衛生の事業)
  4. 接客娯楽業(旅館、料理店、飲食店、接客業又は娯楽場の事業)

です。

どのように週40時間を達成する?

方法は3通りです。

  1. 1日8時間、完全週休2日制とする(8時間×5日=40時間)
  2. 各日の所定労働時間を短縮する【例えば月~金7時間、土5時間(7時間×5日+5時間=40時間)】
  3. 1ヵ月又は1年単位の変形労働時間制をとり週平均40時間とする

8時間労働の時の休憩は1時間?

「8時間を超える場合は1時間以上の休憩」ですので、8時間の場合は45分です。

雇用契約書作成に関連する投稿記事

雇用契約書に関連する基礎知識などについては以下のような投稿記事を作成しています。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では通常の契約書は15,000円(税別)で作成しています。

契約書作成業務

雇用契約書についても同様15,000円(税別)です。

こちらのページも参考にしてください。

雇用契約書作成

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。