時効の援用をした後は?

何もないことがほとんど

ojisan3_question

時効の援用をしたあとに、今後どうしたらいいですか?と聞かれることがあります。

時効の援用は相手に通知が届くことで効果が出ます。

そのため、時効の援用後は特に何もすることはありません。

何もしなくても債務が消滅してしまいます。

消費者金融会社も殆どの場合何も言ってきません。

極稀に債権放棄確認書という書類を送ってきたということを聞く程度です。

なお、通常1週間、1ヶ月すれば信用情報に債務が消滅したという修正が加わります。

何かある場合は?

何もないのが普通なのですが、何かある場合としては次のような場合が考えられます。

そもそも時効の援用が認められない場合

例えば支払督促などがあって時効が中断している場合です。

これが事実であれば時効の援用は認められません。

この場合は再度の時効完成を待つか、支払い方法に関して和解案を得るために話し合うかにすすむことになります。

時効が認められるはずの場合

時効が認められるはずで時効の援用をしたにもかかわらずに請求をやめない。

大手企業の場合、まずこのようなことは無いのですが、もしあれば違法行為をしていることになります。

請求をやめるように、やめなければ金融庁などの監督官庁や消費者庁などに違法行為を通知すると厳しく糾弾することも検討することになるかと思います。

時効に関する関連投稿

行政書士 さん
さまざまな記事を投稿していますので参考にしてください。

当事務所のサービス及び関連ページ

当事務所では時効援用の内容証明を17,500円(税込)で作成しています。

時効の援用に関する内容証明作成

お問い合わせ

初回相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

tabutton

電話は077-535-4622(平日9時〜18時のみ)

メールはumisora76@gmail.comまでお願いします。